ヒートポンプについて

ヒートポンプは、さまざまな分野、さまざまな場所で利用されており、少ないエネルギーによって、大きなエネルギーを起こすことが出来ます。省エネ、エコなどが主流となっている現代であるからこそ、これからもヒートポンプは使い続けられていくのではないかと言われています。

ヒートポンプは、少ないエネルギーで待機中の熱エネルギーなどをかき集めることによって、より大きなエネルギーとして利用することが出来るのです。
最近では、家庭内の給湯器や、エアコン、そして冷蔵庫などにも使用をされている省エネルギーの1つあり、工場や温泉旅館などでも使用されています。

ネオコーポレーションの製品であるACCDは、このヒートポンプへの対応も可能であるということから注目されています。

さて、ACCDとはどのようなものなのでしょうか。

こちらは、電力コストを削減させるための電子ブレーカーと合わせて使用する製品であり、新開発の空調自動制御システムが付いていることでも注目されている、株式会社ネオコーポレーションが取り扱っています。

以前までは、エアコンは、負荷が変動する設備がある場合、常時負荷が継続することになってしまうということで電子ブレーカーを適用できないという問題点がありました。

しかし、こちらのネオコーポレーションのACCDの場合には、室温に影響をほぼ与えることなく、電子ブレーカーが遮断してしまう直前にエアコンを止めることができるというメリットがあります。

しかも、エアコンの故障要因を回避することができるという点も魅力的であると言えるでしょう。以前までは、この導入を断念していた方もいたのですが、そういった中で、ネオコーポレーションはACCDを誕生させました。

ACCDには、いくつかのメリットがあります。まず1つ、コスト削減を大きくすることが出来、さらには快適さもそのままであるという点です。ACCDを利用することによって基本料金は削減することが出来、電気代を大きく節約することが出来ると言えます。

次に、ネオコーポレーションのACCDは、電子ブレーカーが遮断してしまう間際に、エアコンを自動制御することができます。このため、小さな定格(A数)の電子ブレーカーの設置で良いので、基本料金を削減することが可能となっています。

さらに、こちらのACCDは、エアコンだけでなく、例えばビニールハウスの中や、温泉旅館といった環境においての、使用されるヒートポンプへの対応なども可能となっている点が挙げられます。