電気料金の仕組み

最近よくきかれるのが「電力自由化」というワードです。今までは地域の「〇〇電力」と契約し、料金を払わらなくてはいけなかった電気ですが、ガス会社や携帯電話会社などの企業と契約することも可能になりました。電気料金を少しでも節約したい方はぜひ比較サイトをチェックしてみましょう。そこで気になるのが「そもそも電気料金ってどうやって決められているの?」ということです。時々ニュースで、電気料金を値上げするとかいうけれど、電気料金はどのように決まっているのでしょうか。

電気料金は以下の4つの式によって算出されます。

  1. 基本料金
  2.  電力量料金単価×使用電力量
  3.  燃料費調整単価×使用電力量
  4.  再生可能エネルギー発電促進賦課金単価×使用電力量

電気料金 = ① + ② ± ③ + ④

「① 基本料金」は、各電力会社との契約で、毎月固定で請求される費用です。
「② 電力量料金単価×使用電力量」は、使った分だけ請求される従量制の費用です。
「③ 燃料費調整単価×使用電力量」は、原油価格等に左右される金額です。原油価格が安い場合は、減額されます。
「④ 再生可能エネルギー発電促進賦課金単価×使用電力量」は再生可能エネルギーを電力が買い取るための費用です。

他にも口座振替の割引等がありますが、基本的には、これらの内容を合計したものが毎月の電気料金になります。
参考URL 東京電力:
http://www.tepco.co.jp/ep/private/charge2/oshirase.html

毎月固定で請求される基本料金と、使用量に応じて請求される使用料金にも契約ごとの特徴があります。

従量電灯といった家庭用の契約では、基本料金が低く抑えられて、使用料金が割高となっています。
低圧電力、高圧電力といった事業所の契約では、基本料金が割高に設定されている一方、使用料金が割安となっています。

使用電力量を抑えて電気代を節約するのはどちらも変わりませんが、事業所向けの契約については、基本料金を見直すことも電気代を節約する選択肢の一つになります。

元々日本は、電気代が高くなりがちです。ニュースで料金設定が上がると話題になるのは、海外からの燃料調達時にコストがかかっていることが大きな要因です。日本は火力発電に大きく依存しており、中でもLNG(天然ガス)による火力発電が中心となっています。燃料を調達する際にかかるコストによって、料金は上がったり下がったりするのです。
電力自由化の前には料金設定の選ぶ余地もあまりなく、「昼間はいないから夜間が安くなる設定」等の時間帯による割引程度しかできませんでしたが、自由化の後は「携帯電話契約と同じ会社にして割引」「ネットもケーブルテレビも電気も同じ事業者」など、各自にあったプランを選ぶことができるようになりました。自分にあったプランを適用することで上手に節約することが可能になります。

電気代の節約について

家庭の光熱費の中でも電気代は、もっとも節約できる可能性が高いものです。適切な方法を用いれば、決して無理をすることなく、コストを抑えることができます。細かいところを1つずつ点検して、家計を助けていきましょう。
家の中で、電気代のかさむ代表的なものがエアコンです。

これもいくつかの工夫を施すことで、大きく節約することができます。まず、室外機の風通しを良くして下さい。エアコンは、室外機から空気を取り込んで動くので、室外機周りの空気の循環が悪いとエアコン自体の効率も落ちます。もちろん、エアコンのフィルターも同様に、定期的な掃除が必要です。
風速も自動にしておいたほうが、エアコン自体が最適な設定で動いてくれます。弱い風のままだと、いつまでも部屋が冷えず、これも無駄なコストに繋がる場合があります。エアコンの運転モードについては、除湿に気を付けてください。冷房で冷えた空気をわざわざ温めて送っているので、消費電力量が高いです。部屋をあまり冷やしたくない場合などに使用して下さい。

そして、より効果を強めるために、扇風機と併用するのもいいでしょう。室内の空気を循環することで、温度の偏りをなくすこともできます。ここまで節約を心がけて、電気代が高い原因がエアコンと感じるのであれば、買い替えも検討してみてください。最新式のエアコンの方が効率も高いため、結果的に節約になる場合があります。

冷蔵庫も、使用電力が多い家電製品といえます。この電気代を節約するためには、中の冷気を逃さず、周りの排熱は逃がす心がけが大切です。まず、ドアを開け閉めする回数は減らし、中に食材を詰め込まないようにしましょう。そして冷蔵庫の周囲には隙間を確保して、熱の逃げ場を作ることが大切です。
レンジや炊飯ジャーに関して、普段は電気コードを抜いておくべきという説があります。確かに光熱費は抑えられますが、別の問題が発生することがあり、おすすめできません。こうした家電製品には内部電源というものがあり、電気コードによって状態を維持しています。この供給が絶たれると、故障の原因となることがあり、総合的に考えると損失となることも考えられるのです。

電気代を節約する方法としては、契約プランの見直しもあげられます。アンペア数が多いと、それだけ基本料金も増えていきますので、問題なければ下げていくべきです。他にも、電力自由化による企業の参入により、お得なプランが利用できることもあります。まずは生活状況を見直して、改善できるところから、電気代の節約を図っていきましょう。