契約先の電力会社には「深夜電力」というメニューが用意されていることはご存知の方も多いでしょう。
深夜電力を利用すると電気代が安くなるという認識はありますが、どのような仕組みで電気代が節約できるのかわからないといった声も挙がります。
そこで今回は、深夜電力について詳しく解説していきましょう。

深夜電力とは

電気会社で提供している深夜電力とは一体どのようなものなのでしょうか。まず、日本全体の電気使用量を調べてみると、最も多いのは日中で夜間になると使用量が少なくなっていきます。この電力使用量が最も多い日中の時間帯に合わせて発電施設は電力供給量を設定しています。そうなると夜間は発電所の能力に余剰が出てしまうので、日中の電力消費分を少しでも減らしてもらい1日の電力供給量を一定に保てるようになるという仕組みです。

深夜の時間帯に電気を使う契約をすると、その時間帯の電気料金を安く供給できるようになります。このように電気使用量が最も少ない時間帯(深夜)に供給される電力を安く利用するプランが深夜電力です。

深夜電力を利用するメリットと契約内容

深夜電力を使用している人は、夜間に熱を蓄えることや給湯する夜間蓄熱機器・電気温水器を設置している家庭が多いようですが、どのような契約を行えば良いのでしょうか?深夜電力は通常の電気回線とは別に、深夜時間帯に電気を流す回線を契約しなければなりません。通常の電気基本料金とは別に深夜電力料金が必要になるでしょう。契約内容は、基本料金に加えて電力を使用する量で算定される契約と、月額○○円と定額制で契約するタイプに分けられているところがほとんどです。

夜間蓄熱機器や電気温水機器を設置している人は、深夜電力を利用することで日中の暖房や給湯などを安い電気代で賄うことができます。契約内容やプランの種類については、電力会社によって異なるので各家庭の電力契約先に内容の詳細を聞いてみましょう。このように夜間の余剰電力を安い料金で供給する深夜電力は、日中使わない設備機器を利用している家庭にとってはとても便利な節約方法です。電気代を今よりも安くすることができる場合があるので、今の電気料金プランを確認してみることをおすすめします。

夜間蓄熱式機器や電気温水器を利用している方は、深夜電力を有効に活用してみてください。

最新の電気料金節約術は思いきって今契約している電力会社を切り替えてみるのも一つの方法です。2016年4月から設けられた電力自由化によって、一般家庭でも電力会社を自由に選べるようになりました。無料で試せる電気料金シミュレーションで、電気代がどのくらい節約できるのか確認してみてください。

もしかしたら電気代をコツコツ節約するよりも、プランや電力会社を変更することで大きな節約が望めるかもしれません。