オフィスでできる節電方法

オフィスでは、毎日莫大な電力が使用されています。その内訳としては、空調28%、照明40%、コンセント32%と言った感じになっています。

例えば、約3割を占める空調においては、夏の冷房時の室温は28℃にすると言った事やサーキュレーターの活用。その他、ブラインドや遮熱カーテンで窓からの熱の出入りを防ぐなどと言った方法で節電を推奨しています。

次に照明においては、照度を下げたり、間引き点灯するなどといった方法の他、省エネ型の照明器具(LED電球など)に買い換え。また、初期費用が必要になるものの、明るさを検知する「照度センサー」や人を検知する「人感センサー」を活用する事で、一定の節電効果を得る事ができると言われています。

また、これらにおいては、既にどこのオフィスでも実践されている節電方法ではないでしょうか。しかしオフィスの場合、このような節電方法では限界があると言えのるも事実です。

確かに積み重ねも大切ですが、もっと根本的な所から節電意識を高める必要があると言えるのです。そこで、低圧電力のコスト削減が必要となります。

そんな低圧電力でのコスト削減を行っているのが、ネオコーポレーションです。従来のブレーカーとネオコントロールシステム“N-EBシリーズ”を比較した場合、従来のブレーカーを使った主開閉器契約で21kW、21,976円だったものを3kW、3,139円まで削減する事ができると言われているのです。

これは、年間にすると150,696円もの削減と言えるのです。これ程大きな削減をエアコンの温度設定や照明の設定だけで行う事は、まず難しいかと思われます。しかし、ネオコーポレーションならブレーカーを交換するだけで、電力削減を行う事が可能になると言われています。これは、非常に大きな削減になるのではないでしょうか。

導入するまでにシステムの説明、計測調査、電力会社へ申請・削減確認、電力会社による確認・検査など少し時間と手間がかかってしまう事が考えられますが、これを一度行う事で、継続してオフィスの節電を続ける事ができると思えば、そう大したことではないかと思います。

ブレーカーを取り換える事で、機械の力が弱くなったり、機械自体が動作しなくなるなどといった事は一切なく、また万が一何かあった場合は、対応も行ってもらう事ができ、今まで通り安心して、利用しながら節電する事ができるネオコーポレーションです。

オフィスの節電には、お勧めの手段になっていると言えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です