デマンドコントローラー導入おすすめ企業

デマンドコントローラーとは、目標デマンド値をオーバーするような予測デマンド値を感知した場合に、制御信号を発信することができるものになります。

感知した場合、予め設定してある、空調機器の室外機、そしてコンプレッサーを順次で自動停止させることが出来るシステムとなります。つまり、予測デマンド値が目標デマンド値をオーバーしないようにすることが出来るという自動制御システムになります。

こちらの、高性能な「デマンドコントローラー」を利用することによって、最大デマント値を変更することが出来ます。このため、高圧電力の基本料金などを、大幅に削減することが出来ます。

たとえば、こちらのデマンド制御がなされていない学校、工場、事務所などでは、基本料金がずっと適用されてしまうことになります。つまり、非常に損をしてしまうことになり、全く電気を使わない月、電気をほとんど使っていない月に関しても、基本料金が高くなってしまうということになります。

しかしデマンド制御をすることで、かなりの省エネ効果を発揮することが出来るのです。
たとえば、エアコンの設置台数の多い、工場などでデマンドコントローラーを設置して、デマンド制御を70%にした場合、大体43台のエアコンが付いていると仮定すると、1年間で1,078,272円ほど電気代を節約することが出来るという計算になります。

このように、これらのデマンドコントローラーで制御することによって、かなりの省エネ効果、そして電気代削減効果が現れるといえるでしょう。

デマンドコントローラーを導入するにあたり、どの製品を選べばいいのか…と悩んでしまうと思います。そこでおすすめなのが、ネオコーポレーションのエア・コンディショナー・マネージメント・デバイス(ACMD)という製品です。

ネオコーポレーションのこちらの製品は、高性能で、低コストということで、知られており、製品でも実際に取り入られているところが多いです。

ネオコーポレーションのACMDシリーズですが、元々高額であった自動式デマンドコントローラーを、その高性能であるという点を損なわずとも、ネオコーポレーションが低価格で開発しています。そして提供を行っています。

またネオコーポレーションの、こちらの製品代金、そして設置工事代金等の導入費用なども、削減できた月間の基本料金の一部などを、リース費用に充当することが出来る内容になっており、初期不要もかからないのがメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です