エネファームについて

太陽光発電と同じように、「エネファーム」という言葉を耳にする機会も増えています。エネファームとは、都市ガスやLPガスの中から水素だけを取り出して、酸素の化学反応を導き出すことによって発電を促すことのできるシステムであり、正式名称を「家庭用燃料電離コージェネレーションシステム」と言います。

エネファームの特徴的なポイントとなっているのが、発電の際に水素を使用することから二酸化炭素を排出せずに済むという点であり、地球環境の向上に意識的に取り組んでいる方からは特に高く評価されています。また、発電の際に発生した熱を活用することによってお湯を沸かせることも魅力であり、さらに既存の配電に頼ることなくエネファーム独自のシステムで発電が可能です。そのため、停電が発生した場合には自家発電機として利用できるという性質を持っており、大地震を始めとする天災が発生した場合にも利用価値の高いシステムとして、東日本大震災を機にさらに知名度を高めることになりました。

従来通りに電力会社から電気を購入して、家庭まで送電してもらう際には、電力のうちの63%が送電の過程で失われてしまうことをご存知でしょうか。非常に大きなロスなのですが、現行の配線システムを利用する上では避けることのできないロスとなっています。しかしエネファームを導入すると、その場で発生させた電気をそのまま使用することができますから、電気のロスがほとんど発生しません。エコに直結することは言うまでもなく、そういった事実だけでエネファームを導入するご家庭も増加傾向にあるのです。

エネファームを利用して自宅でロスの少ない電気を発生させ、電力会社からの電気購入量を削減することにより、電気代を大幅にカットさせられるようになります。その削減量はご家庭によって異なりますが、50%前後となることが一般的であり、年間15万円ほどの電気代がかかっていたご家庭を例に挙げると、半額の7万5千円程度が年間の新しい電気代として見込まれます。

ガスの使用量が増えることにより、ガス料金が上がり、結果として光熱費の全体は変わらないのではないかと想像する方もおられますが、実際にはガス会社はエネファーム契約者向けの専用プランを用意して対処にあたっています。専用プランによるガス代の割引を受けることにより、ほとんどのご家庭のガス代がエネファーム導入前とほぼ同様か、微増程度に収まるケースが大半であり、トータルの光熱費を削減できることは確実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です