暑すぎる夏が近年続いています。

室内では欠かせない電化製品となったエアコンですが、同時に気になるのが電気料金。

工場や施設など、作業環境を維持するために電気消費量が多い企業においては悩みの種になっているようです。

そのような状況の中で『デマンドコントロールシステム』を導入しようと考えている企業も多いでしょう。

ただ、検討している中で導入に踏み込めない理由を聞いてみると、
 
「なぜ電気代が削減されるのか」
「導入費用がかさんで結局は安くならないのでは」

 
といった考えから導入まで踏み出せないというお声をよく耳にします。
デマンドコントロールシステムの導入は電力会社も推奨しています。
つまり電力会社お墨付きの電気代削減方法の一つなのです。

ここではデマンドコントロールシステムの必要性を電気料金の仕組みからご説明していきます。

「デマンドコントロールシステム」の必要性を電気料金の仕組みから考えてみた!

ポイント

・デマンドコントローラーを導入すると基本料金が削減される
・電気会社との契約を見直すことができ翌月から電気代削減が実感できる

 
ここではデマンドコントロールシステムの必要性についてお伝えします。

本当に電気料金を安くすることができるのか気になっている企業様も多いのですが、電気料金の観点から考えてみるととてもよく理解できます。

電気料金の仕組みとは

電気代の基本料金は、過去1年間の電気代の中で一番消費電力の大きかった電力量をもとにして基本料金を決定しています。

例えば1年間のうち、一番電気消費量が多かった月を基準に基本料金を決めています。

それほどエアコンの必要のない時期においても、この最大電気消費量をもとに基本料金が決定されていますので、無駄の多い電気料金になってしまっているのです。

電気代の基本料金は次の通りです。

基本料金=単価×契約電力(最大デマンド)×力率割引(割増)

ですので、1年間で電気代が一番多くなる月の電気消費量を抑えると、電気料金を削減できます。

デマンドコントロールシステムを導入することで電気会社との契約を見直しできるので、翌月から基本料金に反映されることにより短い期間で電気代削減が実感できます。

「デマンドコントロールシステム」でなぜ電気代が削減されるのか

「デマンドコントロールシステム」の基本的な役割として、電気消費量が高くならないように監視し、超えてしまう場合には制御する仕組みがあります。

先述の通り、電気料金は最大電気消費量をもとに決められているので、過去1年間で最大となった電気消費量をもとにして、目標とする電気消費量を決めていきます。

デマンドコントロールシステムはその目標としている数値を超えないように自動監視する装置です。

エアコンを停止させ、室内環境が悪くなることを懸念する方もおられますが、ネオ・コーポレーションのデマンドコントロールシステムの場合、エアコンの室外機を自動制御できるようになっており、室内機自体は送風のまま稼働させています。
快適な風を室内に送り続けることができるので、室内の作業環境を変えずに電気消費量を抑えることが可能です。

ネオ・コーポレーションのデマンドコントローラー「ACMD」をお勧めする理由

ネオ・コーポレーションは今回ご紹介するデマンドコントローラー「ACMD」や感震装置「CRS」、そして今まで16万台以上の販売実績を持つ「N-EB」を開発から販売まで行っている電気のプロです。

デマンドコントローラー「ACMD」によって消費電力を自動監視

デマンドコントローラー「ACMD」は、目標を設定した消費電力を超えないように自動監視しています。
他社のデマンドコントローラーによっては、消費電力が超えるような場合に通知されるだけで手動で制御しなければならないものもあります。

デマンド制御が必要な場合、弊社の「ACMD」では自動的に空調機の室外機を停止させることが可能です。
もちろん一時的なもので、再稼働も自動的に行われます。
スタッフによる作業は必要ありません。

室内環境に大きな影響はなし

室外機を停止させると、「室内が暑く(寒く)なってしまう」と環境の悪化を懸念する意見を多く聞きます。

「ACMD」においては室外機を自動制御できるようになっており、室内機については送風を継続して行うように設定しております。

つまり室外機で作られた快適な風についてはそのまま送風されるので、すぐに作業環境が悪化するわけではありません。
制御している時間も一時的なので、室内環境の変化を感じたり、ブレーカーが落ちて室内環境が悪化するようなことはありません。

初期費用が不要なので導入時の心配なし

デマンドコントロールシステムを導入するにあたり、本当に電気代の削減効果を実感できるのかどうかを懸念しているご意見もよく伺います。


・初期費用が高額で削減されても利益を実感できるまでに長い年月が必要になる。
・リース契約により、毎月の費用で削減効果を実感できない。

 
といったケースがあるようです。

弊社では「ACMD」を導入するにあたり、 初期費用を一切いただいておりません。
製品代金だけではなく、工事費用や手数料なども全て不要です。

ネオ・コーポレーションでは、削減できた電気料金の一部を月額リース料としておりますので、全く負担を感じることなく電気代削減効果を実感できます。

また、デマンドコントロールシステムを導入すると、翌月から電気代の基本料金に反映されるので、1ヵ月後には電気代削減効果を感じることができます。

電力会社も推奨する「デマンドコントロールシステム」

導入するだけで電気代を削減することができるデマンドコントロールシステムですが、怪しいと感じている方もおられるのが現実です。

しかし電力会社も積極的にデマンドコントロールシステムの導入を推奨しています。

東京電力の公式サイトにおいてもこのような情報を提供しています。

電力会社においてもデマンドコントロールシステムの導入は省エネにつながることになりますから、積極的に推奨しているのです。

導入を検討している企業様や施設様においては、お気軽にネオ・コーポレーションまでご相談下さい。